2017年05月11日

図書館を探索する 基礎演習


今回の1年次ゼミ、基礎演習は、
図書館の活用の仕方を学びました。



ただ、座って学ぶだけでは、
身につきません。

実際に、図書館を歩いて廻って、
本を探してみました。



近年は、インターネットで検索するのが、
当たり前になっているので、
図書館を歩くとか、
本屋さんの中を散策する、
ということは、あまりしないかもしれません。


図書館や本屋さんの面白いところは、
目当ての本を探すことだけでなく、
関連の本を見つけることです。

目当ての本の近くに並ぶ、
関連の本を見つけることで、
興味を広げる機会が増えるわけです。

少し、より道をするわけですが、
そのより道が、
自分の知識を広げる、
機会になります。



これを機会に、
図書館を散策する機会が、
増えるとよいですね。


報告:長沼光彦





同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
メロスだって認められたい 国文学概論
図書館展示「ホラー」~準備編~
対立はめんどうくさい? 日本語コミュニケーション
畑正高先生 ホスピタリティ京都
図書館展示「ホラー」~予告編~
知識も伝える方法も 国語科教育法Ⅰ
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 メロスだって認められたい 国文学概論 (2017-06-22 17:00)
 図書館展示「ホラー」~準備編~ (2017-06-21 05:37)
 対立はめんどうくさい? 日本語コミュニケーション (2017-06-20 22:02)
 畑正高先生 ホスピタリティ京都 (2017-06-19 16:23)
 図書館展示「ホラー」~予告編~ (2017-06-16 19:46)
 知識も伝える方法も 国語科教育法Ⅰ (2017-06-14 17:13)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:35 │Comments(0)授業紹介

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。