2017年05月10日

メロスは王と対立する 国文学概論


国文学概論では、
太宰治「走れメロス」を、
作業しながら読解していると、
紹介しました




小説を読解する際には、
形でとらえる必要があります。
(「構造」ということも、あります。)


例えば、「走れメロス」の始まりは、
メロスと王の、
はっきりとした対立の形になっています。

メロスは、邪悪に敏感な男、
王は、邪智暴虐、ということになっています。

また、メロスは政治がわからない牧人、
王は、支配者です。

さらに、メロスは、妹の結婚式のために、
買い物に出かける男ですが、
王は、人を信じられないがゆえに、
妹をも殺しています。


「走れメロス」は、伝説を基にして、
あえて、単純な対立の構造にしているのでしょう。



読解は、さらに先に進みます。

小説の文章をよく読んでみますと、
そういう単純な対立構造から、
はずれた表現が見つかります。

邪悪なはずの王の顔が、
蒼白で、眉間に皺が刻まれています。

悩みがあるらしく、
王は、孤独だと主張します。


こういう単純な構造に当てはまらない部分を、
読み取ることで、読解は深まります。

形にはまらない表情や発言は、
登場人物の性格に、
奥行きを与えます。

いずれにせよ、
まずは、形を捉えないと、
意外な部分にも、
気づかないことになります。

形と意外な部分と、
両方読み取ることで、
発見があります。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
授業紹介(情報・メディアの文化とリテラシー)
大学での文学の授業は面白いですよ
西村明美先生 柊家  ホスピタリティ京都
1年次生必修科目「基礎演習Ⅰ」  大谷由里子先生による特別講義を実施
祇園祭に行ってきました ―1年次生「基礎演習」クラス
マイナビ・スタッフさんによる特別講義 ―日本語コミュニケーションⅢの授業
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 授業紹介(情報・メディアの文化とリテラシー) (2017-08-13 17:00)
 大学での文学の授業は面白いですよ (2017-08-08 20:24)
 西村明美先生 柊家  ホスピタリティ京都 (2017-07-31 17:00)
 1年次生必修科目「基礎演習Ⅰ」 大谷由里子先生による特別講義を実施 (2017-07-30 17:00)
 祇園祭に行ってきました ―1年次生「基礎演習」クラス (2017-07-29 17:30)
 マイナビ・スタッフさんによる特別講義 ―日本語コミュニケーションⅢの授業 (2017-07-28 17:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:19 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。