2017年05月08日

京都のシンボル 京都タワー

京都駅前を歩いていると、
京都タワーを背景に、
記念写真を撮っている人が、
多くいます。



特に、夜は、ライトアップされて、
きれいな写真を撮ることができます。

連休中は、写真を撮る、
多くの旅行客の姿が、
見られました。


現代の建築物ではありますが、
1964年の竣工以来、
50年以上、京都駅前で、
観光客をお迎えしてきました。

すっかり、京都の名物として、
馴染んだようです。



京都は、1000年の都と言われますが、
現代の風物も採り入れながら、
歴史を歩んでいるようです。


(上の写真は、わかりにくいかもしれませんが、
京都駅の壁面に映っている、京都タワーです。)

報告:長沼光彦





同じカテゴリー(日記)の記事画像
茶室の前のシュウメイギク 花のある大学55
10月28、29日はND祭です
地下鉄で通う
学生は日曜日も忙しい
メリハリをつけられるか
アクセスカウンタ200,000を超えました ありがとうございます
同じカテゴリー(日記)の記事
 茶室の前のシュウメイギク 花のある大学55 (2017-10-20 19:52)
 10月28、29日はND祭です (2017-10-18 16:23)
 地下鉄で通う (2017-10-17 20:30)
 学生は日曜日も忙しい (2017-10-15 17:51)
 メリハリをつけられるか (2017-10-12 23:18)
 アクセスカウンタ200,000を超えました ありがとうございます (2017-10-10 17:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)日記京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。