2017年05月08日

京都のシンボル 京都タワー

京都駅前を歩いていると、
京都タワーを背景に、
記念写真を撮っている人が、
多くいます。



特に、夜は、ライトアップされて、
きれいな写真を撮ることができます。

連休中は、写真を撮る、
多くの旅行客の姿が、
見られました。


現代の建築物ではありますが、
1964年の竣工以来、
50年以上、京都駅前で、
観光客をお迎えしてきました。

すっかり、京都の名物として、
馴染んだようです。



京都は、1000年の都と言われますが、
現代の風物も採り入れながら、
歴史を歩んでいるようです。


(上の写真は、わかりにくいかもしれませんが、
京都駅の壁面に映っている、京都タワーです。)

報告:長沼光彦





同じカテゴリー(日記)の記事画像
自分の物語を肯定する
世の中では物語を求められる
京都市営地下鉄にポスターが掲載されます
小平奈緒金メダル いろいろな物語
入学前教育講座で4年次生が卒業研究について発表しました
物語を持つ人は誰でも主役
同じカテゴリー(日記)の記事
 自分の物語を肯定する (2018-02-24 20:04)
 世の中では物語を求められる (2018-02-22 21:42)
 京都市営地下鉄にポスターが掲載されます (2018-02-21 15:00)
 小平奈緒金メダル いろいろな物語 (2018-02-20 17:21)
 入学前教育講座で4年次生が卒業研究について発表しました (2018-02-19 20:42)
 物語を持つ人は誰でも主役 (2018-02-18 17:27)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)日記京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。