2017年04月25日

作業して話し合いをして読む 国文学概論


今年の国文学概論は、
太宰治「走れメロス」を読むところから、
はじめました。



小説を「読む」とは、どういうことか、
考えてみよう、というテーマです。


まずは、それぞれ、
メロスという人物を、
よく表している表現を、
抜き出してもらいました。


次に、これを付箋に書き出し、
4~5人のグループで、
模造紙に貼って、
お互いに見比べてもらいました。



それぞれ同じところを、
挙げている場合もあれば、
違うところを、
挙げている場合もあります。


まずは、この違いを考えてみてほしいのです。

小説の読み方が人によって異なるのは、
注目するポイントが人それぞれだからです。

人は、それぞれ、経験や知識が異なります。

その異なる経験や知識をもとに、
小説を読むわけですから、
読み方が異なるのは、当然です。


こういう読み方の違いが出てくるのは、
悪いことではありません。

違いが出てくる理由に、
注目することで、
むしろ、「読む」際に、
読む人、読者の役割が、
大きいことに気づいてほしいのです。



小説は、作者が作った作品です。
しかし、読むときは、
読者が主体なのです。

報告:長沼光彦



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
卒論が終わると
プレゼンテーションパネルをつくる
LINEで質問を受ける
2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました
3年生も卒論の準備をしています
声を出す 授業を参観しました
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 卒論が終わると (2017-12-08 20:11)
 プレゼンテーションパネルをつくる (2017-12-07 19:19)
 LINEで質問を受ける (2017-12-03 21:11)
 2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました (2017-11-30 22:46)
 3年生も卒論の準備をしています (2017-11-29 21:29)
 声を出す 授業を参観しました (2017-11-20 17:20)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:00 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。