2017年04月19日

マイ古地図を作っています


今年の長沼担当2年次発展演習は、
「京都でプレゼンしよう」というテーマで、
授業をしています。


京都を、自分の興味あるテーマで調べて、
プレゼンパネルを作成するなど、
発表形式も工夫してみよう、
というものです。


まずは、
京都の成り立ちを知るために、
古地図を使って、
歴史と地理を俯瞰してみようと思います。


大学図書館には、江戸時代の京都古地図、
「改正京町繪圖細見大成  洛中洛外町々小名」
(天保2年(1831年)7月開板、
書肆 文叢堂 竹原好兵衛、
考正 池田東籠亭)
があります。

これを写真撮影したものを、
分割してプリントアウトして、
それぞれ貼り合わせてもらうところから、
はじめました。



図工の時間のようで、
楽しいかと思ったのですが、
なかなか不評です。

まあ、面倒ですよね。

とはいえ、自分で作ってもらった方が、
勉強になります。

ひとりひとり古地図を作成してもらい、
そこに、いろいろと記入していくと、
地図の見方もわかり、
京都の歴史について、
発見することになります。



地図を読み始めたら、
面白くなりますから、
と説得して、
次回に続くことになりました。


報告:長沼光彦


タグ :古地図

同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
感動して分析する
言葉で説明する 絵で説明する  日本文学
図書館をつくる
学生のおかげでアイドルも論じる
慮って踏み出す
三四郎を読む2
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 感動して分析する (2017-10-16 16:08)
 言葉で説明する 絵で説明する  日本文学 (2017-10-14 22:35)
 図書館をつくる (2017-10-13 22:36)
 学生のおかげでアイドルも論じる (2017-10-11 20:37)
 慮って踏み出す (2017-10-09 20:44)
 三四郎を読む2 (2017-10-08 20:40)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:58 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域京都

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。