2017年04月15日

使える日本語力を身につける 基礎演習

基礎演習は、新入生が
大学での学び方を知るための、
少人数ゼミです。



文献調査の仕方や、
レポートの書き方など、
実践的に学びます。


人間文化学科では、
1年次から、基礎的な力として、
使える日本語力の習得を、
目標としています。

1年次生は、全員、
日本語検定を受けることにして、
前期、基礎演習の後半は、
日本語検定講座を、
開きます。


(高校で受検している人は、
さらに上の級を目指してもらいます。)


レポートを書くうえでも、
基本的な日本語力は必要です。

また、将来社会人になったときに、
常識的な日本語を使えた方が、
良いですね。


そういうわけで、
将来も見据えて、
1年次生は、
大学生活をスタートします。




報告:長沼光彦



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
質問して、やりとりする 国語科教育法Ⅰ
笹岡隆甫先生 第3回 ホスピタリティ京都 
声を出すところから始める 国語科教育法Ⅰ
本物に触れる 京都の研究 発展演習
吉澤健吉先生 ホスピタリティ京都
図書館を探索する 基礎演習
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 質問して、やりとりする 国語科教育法Ⅰ (2017-05-24 18:37)
 笹岡隆甫先生 第3回 ホスピタリティ京都  (2017-05-23 17:00)
 声を出すところから始める 国語科教育法Ⅰ (2017-05-17 21:48)
 本物に触れる 京都の研究 発展演習 (2017-05-16 21:38)
 吉澤健吉先生 ホスピタリティ京都 (2017-05-15 16:28)
 図書館を探索する 基礎演習 (2017-05-11 21:35)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)授業紹介

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。