2017年03月18日

本当に選ぶべきもの 卒業式 聖体賛美と祝福式のことば


卒業式の、聖体賛美と祝福式では、
ルカによる福音(9章22~27節)が朗読されました。



 そのとき、イエスは弟子たちを戒め、
 次のように言われた。
 「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、
 律法学者たちから排斥されて殺され、
 三日目に復活することになっている。」
 それから、イエスは皆に言われた。
 「わたしについて来たい者は、
 自分を捨て、日々、自分の十字架を背負って、
 わたしに従いなさい。
 自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、
 わたしのために命を失う者は、それを救うのである。
 人は、たとえ全世界を手に入れても、
 自分の身を滅ぼしたり、失ったりしては、
 なんの得があろうか。
 わたしとわたしの言葉を恥じる者は、人の子も、
 自分と父と聖なる天使たちとの栄光に輝いて来るときに、
 その者を恥じる。
 確かに言っておく。
 ここに一緒にいる人々の中には、
 神の国を見るまでには決して死なない者がいる。」

これをふまえ、大塚喜直司教は、
次のような話をされました。

現代は、勝ち負けを決める時代で、
尊重と助け合いの精神が、
見失われることがあります・

しかし、そこで、正しいことを選択していくことが、
必要でしょう。

先のキリストの言葉も、
目先の利害に囚われて、
自分の命、本当の生き方を捨てている者への、
警告ということです。


私たちは、目先にあること、
あるいは、成り行きにまかせて、
理想、信念をないがしろにすることが、
ままあります。

そんなことをしても、幸せになれない、
聖書の言葉は、
そんなことを教えてくれます。


報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
書道部 新入生歓迎会を開きました
五月病ではないけれど
3年生は就活の準備をはじめています
薔薇が咲いています 花のある大学51
ねこを見た 続
京都のシンボル 京都タワー
同じカテゴリー(日記)の記事
 書道部 新入生歓迎会を開きました (2017-05-22 17:00)
 五月病ではないけれど (2017-05-20 22:06)
 3年生は就活の準備をはじめています (2017-05-18 23:52)
 薔薇が咲いています 花のある大学51 (2017-05-14 21:30)
 ねこを見た 続 (2017-05-12 16:23)
 京都のシンボル 京都タワー (2017-05-08 17:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 16:59 │Comments(0)日記カトリック教育

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。