2017年03月12日

卒業式でひとりひとり渡します


本学の卒業式では、
卒業証書を、
ひとりひとり渡しています。



段取りを覚えるために、
練習が必要で、
式典の時間も長くはなります。


それでも、ひとりひとりが、
卒業した証を受け取ることができるように、
手渡すのが、本学の校風です。



式の後で、学生がいうには、
ひとりひとり手渡されるのは、
嬉しいのだそうです。

時間は気にならないとのことです。



私自身の大学の卒業式は、
総代が受け取るものでした。

総代の学生にとっては、
名誉あることだと思いますが、
そうではない学生の立場としては、
式典に主体的に参加している感じは、
あまりしませんでした。


大学の4年間は、
それぞれのものですから、
ひとりひとりが、
自分のものとして確認する機会が、
あっても良いのではないでしょうか。



報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
オープンキャンパスを開催しました
桜の季節も過ぎ 花のある大学48
地図の見方の話をします 日曜日はオープンキャンパス
キャンパスの枝垂れ桜 花のある大学47
日本でもイースター
花と月 花のある大学46
同じカテゴリー(日記)の記事
 オープンキャンパスを開催しました (2017-04-23 21:46)
 桜の季節も過ぎ 花のある大学48 (2017-04-22 23:23)
 地図の見方の話をします 日曜日はオープンキャンパス (2017-04-20 23:23)
 キャンパスの枝垂れ桜 花のある大学47 (2017-04-17 22:31)
 日本でもイースター (2017-04-16 22:44)
 花と月 花のある大学46 (2017-04-14 21:36)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:17 │Comments(0)日記

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。