2017年02月21日

教員も勉強しています 

2月9日は、教員の研修会が開かれました。
「現代の学生気質を踏まえたアクティブラーニングを考える」
の題で、
京都外国語大学マルチメディア教育研究センター、
村上正行教授を講師にお招きしました。



今、文科省が推進している、
アクティブラーニングについて、
考える勉強会です。

大学は教育の場であるので、
教員は、教育の方法について、
考えたり、工夫をしたりしています。



人間文化学科でも、
アクティブラーニングを推進しています。

本学の他の学科でも、
アクティブラーニングの研究を、
している教員がいます。

ひとくちにアクティブラーニングといっても、
いろいろな考え方や方法があります。


こういう機会を設けて、
他の大学で行われていることを、
知る機会にしようということです。

(先生によっては、自分の研究活動で、
すでに村上教授とお会いしていた人も、
いらしたりしますが。)



本日の話は、
アクティブラーニングは、
一定の決まった方法があるわけではなく、
それぞれの大学に合った方法を、
開発した方が良い、
ということでした。


そういうわけで、
人間文化学科も、
これまでの試みをより発展させて、
いこうと思っています。

(よろしければ、
これまでの試みは、
「カテゴリ」の、
「アクティブラーニング」から、
ご覧になってみてください。)


長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
疲れたら休む
カメラを止めるな 上映しています
にわかに秋の気配
お昼は楽しみ
学生は元気です
授業がはじまりました
同じカテゴリー(日記)の記事
 疲れたら休む (2018-10-14 19:39)
 カメラを止めるな 上映しています (2018-10-13 20:26)
 にわかに秋の気配 (2018-10-12 18:51)
 お昼は楽しみ (2018-10-11 21:07)
 在学生の皆さんは、大学より連絡があります (2018-10-06 20:38)
 学生は元気です (2018-10-02 21:39)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)日記教員の研究活動アクティブラーニング

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。