2017年01月09日

林啓二先生 日本舞踊への誘い 2016年の思い出


後期基礎演習で行いました、
林啓二先生の、日本舞踊への誘いについては、
すでにご報告いたしました




ご指導、実演の様子を、
撮影した写真がまだありましたので、
せっかくですから、
もう少しご紹介します。



鳴り物と効果音について、
話していただきました。



舞扇と見立てについて、
説明したいただきました。



「京の四季」の実演です。






「越後獅子」の実演です。




同じく、サラシを用いて舞う場面です。









もちろん、目の前で実演を観た方が、
良いと思うのですが、
雰囲気をお伝えできたでしょうか。

学生は、良い機会を得て、
舞の美しさを、
あらためて理解したようです。



報告:長沼光彦



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
三四郎は都会にそまった
卒論が終わると
プレゼンテーションパネルをつくる
LINEで質問を受ける
2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました
3年生も卒論の準備をしています
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 三四郎は都会にそまった (2017-12-13 20:52)
 卒論が終わると (2017-12-08 20:11)
 プレゼンテーションパネルをつくる (2017-12-07 19:19)
 LINEで質問を受ける (2017-12-03 21:11)
 2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました (2017-11-30 22:46)
 3年生も卒論の準備をしています (2017-11-29 21:29)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:39 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。