2016年12月31日

よいお年を


皆様、2016年は、
どのような年だったでしょうか。

良い思い出は大切にして、
よろしくない思い出は、
忘れることにしましょうか。



日本には、「年忘れ」という言葉が、
ありますね。

失敗は、反省した方が良いでしょうが、
自分の力では、どうにもならないことは、
忘れた方がいい場合もある、
という先人の知恵だと思います。

そこには、リスタートするという、
前向きな気持ちがある、
と思います。



皆さんは、いかがでしょう。
もちろん、よろしくないことでも、
忘れないぞ、という方もいるかと思います。

いずれにせよ、
新しい年は、よい年になりますように。



報告:長沼光彦


タグ :年忘れ

同じカテゴリー(日記)の記事画像
夏休みをおわりたくないという声もあります
夏休みの終わりに学生と会う
タータン展 本学所蔵資料を展示してます
なぜ学ぶのか
いよいよ夏休みも最終週です
元客員教授 浜尾朱美先生を悼む
同じカテゴリー(日記)の記事
 夏休みをおわりたくないという声もあります (2018-09-22 18:11)
 夏休みの終わりに学生と会う (2018-09-20 20:55)
 タータン展 本学所蔵資料を展示してます (2018-09-19 18:17)
 なぜ学ぶのか (2018-09-18 20:31)
 いよいよ夏休みも最終週です (2018-09-17 21:14)
 元客員教授 浜尾朱美先生を悼む (2018-09-16 18:10)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)日記

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。