2017年01月13日

楽しく、真面目に、コミュニケーションの力の向上!

人間文化学科では、「日本語コミュニケーションⅡ」という、
口頭表現に関わる基本的なことを学習していく授業があります。


本年も、授業の後半に、苦手意識の克服はもちろん、
「話すこと・聴くこと」をより向上させていくため、
「番組のコーナーづくり」を行いました。


最初は、「えっ! 私にできるだろうか!?」と
不安に思っていた人たちもいたようですが、
最終的には、それぞれが確実に向上していくのを
明らかに実感できるものとして仕上がっていました。




リハーサルを何度か繰り返し、
「本番」の際には、4年次生の横路久未さんにお越しいただき、
講評をしていただきました。


短い番組コーナーを見て、瞬時に考え、
コメントしていく横路さんに、
「あのようになりたい!」と思った人も多くいたようです。

本年度も充実した楽しい企画がたくさん出ました。
しっかり準備・練習したからこそ、楽しく
次へのステップに結びつくと思っています。


今回の経験を、ぜひ、他のプレゼンテーションなどに
活かしていっていただきたいと思います。


報告 平野美保



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
卒論が終わると
プレゼンテーションパネルをつくる
LINEで質問を受ける
2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました
3年生も卒論の準備をしています
声を出す 授業を参観しました
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 卒論が終わると (2017-12-08 20:11)
 プレゼンテーションパネルをつくる (2017-12-07 19:19)
 LINEで質問を受ける (2017-12-03 21:11)
 2年ゼミ3年ゼミ分属説明会を行いました (2017-11-30 22:46)
 3年生も卒論の準備をしています (2017-11-29 21:29)
 声を出す 授業を参観しました (2017-11-20 17:20)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)授業紹介日本語日本文化領域話しことば教育

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。