2016年09月10日

雨の日にかぎって資料が必要になる

明日のオープンキャンパスは、
曇りのようですが、
来週は、天気がくずれるようです。



私の研究は、本など紙の資料を扱うので、
雨の日は、できるだけ、
調査は避けたいところです。

本など、濡れたら、
渇いても、皺が寄って、
取り返しがつきません。



そんなわけで、
雨を避けているはずが、
本降りの最中に、
移動することが、間々あります


天気の読み方が悪い、
ということもあるのですが、
調べているうちに、発見があり、
よくばって、いろいろ眺めている間に、
時間が経ってしまうようです。



仕方ないので、
大きな防水のリュックを用意し、
中には、ビニール袋がたくさん、
入っています。

大学に歩いている姿は、
あまり格好良くないだろうなと、
思っています。



報告:長沼光彦



同じカテゴリー(日記)の記事画像
入学前教育講座で4年次生が卒業研究について発表しました
物語を持つ人は誰でも主役
羽生結弦が金メダルです
誰もが物語を持っている
平昌オリンピック開催中ですね
ブログに愛称を付けました
同じカテゴリー(日記)の記事
 入学前教育講座で4年次生が卒業研究について発表しました (2018-02-19 20:42)
 物語を持つ人は誰でも主役 (2018-02-18 17:27)
 羽生結弦が金メダルです (2018-02-17 22:25)
 誰もが物語を持っている (2018-02-16 23:34)
 平昌オリンピック開催中ですね (2018-02-15 22:08)
 ブログに愛称を付けました (2018-02-14 20:24)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:36 │Comments(0)日記日本語日本文化領域教員の研究活動

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。