2016年08月30日

資料で発見すること

ここのところ、
教員学生の研究の話をしています。



私の研究分野、
日本の近現代文学の研究の場合、
とにかく、テキストを読みます。

詩や小説など、
作品を読むのも大切なのですが、
雑誌や新聞に掲載された、
文学関連の記事を、
読んでいきます。



そうすると、
自分が調べている作家について、
予想しなかった人が、
コメントしていたりします。

知らなかった人との関係や、
議論の文脈が見えてきます。


有名な作家だと、
すでに研究者が指摘している場合が多いのですが、
たまに、見逃されている、
人間関係や文脈もあったりします。



そういうものは「発見」といって良いでしょう。

同じ資料でも、
見方によって、
気づくところが変わってきます。

「発見」につながる、
独自の見方をみつけるところが、
研究の面白味だと思います。

報告:長沼光彦






タグ :研究資料

同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事画像
入学前教育講座で4年次生が卒業研究について発表しました
物語を持つ人は誰でも主役
羽生結弦が金メダルです
誰もが物語を持っている
一緒に暮らすところからはじめる
意地かプライドか 「三四郎」を読む
同じカテゴリー(日本語日本文化領域)の記事
 入学前教育講座で4年次生が卒業研究について発表しました (2018-02-19 20:42)
 物語を持つ人は誰でも主役 (2018-02-18 17:27)
 羽生結弦が金メダルです (2018-02-17 22:25)
 誰もが物語を持っている (2018-02-16 23:34)
 一緒に暮らすところからはじめる (2018-02-12 16:19)
 意地かプライドか 「三四郎」を読む (2018-02-06 22:28)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:21 │Comments(0)日本語日本文化領域教員の研究活動

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。