2016年08月28日

夏休みの教員は研究をしています


8月も終わりとなりますが、
大学の夏休みはもう少し続きます。

学生の皆さんも、
それぞれ自分の計画で、
活動していることと思います。



教員は、夏休みに、
自分の専門領域の研究をしています。



研究は、自分の専門の興味を、
深める目的があります。

また、そういう研究の専門分野を持っていることが、
大学教員のアイデンティティでもあります。

(自分の専門ですから、
もともとモチベーションはあるのですが、
研究をしないと、
大学の先生として認められないことにもなります。)



さらに、研究をすることで、
大学の講義を充実させることになります。

(自分が面白いと思わないことを、
人に面白く伝えることは、
できませんね。)

そんなわけで大学の教員は、
夏休みは、研究をしているわけです。

報告:長沼光彦



同じカテゴリー(教員の研究活動)の記事画像
日本文学の研究 古本を調べる
日本にあるフランスのパイプオルガンあれこれ
研究プロジェクト発表会2018を開催しました
「文化の航跡研究会」を開催しました。
2月7日(水)に「文化の航跡研究会」を開催します
サンフランシスコ大学リッチ学院滞在記(1)
同じカテゴリー(教員の研究活動)の記事
 日本文学の研究 古本を調べる (2018-08-28 18:40)
 日本にあるフランスのパイプオルガンあれこれ (2018-08-25 10:45)
 研究プロジェクト発表会2018を開催しました (2018-03-07 18:00)
 「文化の航跡研究会」を開催しました。 (2018-02-13 14:01)
 2月7日(水)に「文化の航跡研究会」を開催します (2018-01-30 09:00)
 サンフランシスコ大学リッチ学院滞在記(1) (2017-07-07 17:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:20 │Comments(0)教員の研究活動

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。