2016年07月15日

話しことばゼミのラジオ番組制作

話しことばゼミでは、ラジオ番組制作に取り組んでいます。

コミュニケーションに関する技能の向上を目指すことはもちろんですが、
真っ白な状態から一つのものを、皆で作り上げる大変さと、
それををやりきった大きな喜びを実感しよう、という試みです。

企画からはじまって、
情報収集、構成、出演、スケジュール管理等、すべて自分たちで進めます。

そのため、時間の使い方もうまくなっていくでしょう。

人とのやり取りも上手にやっていかないと、
限られた時間の中で番組が作れません。
また、リスナーに好ましいものには到底なりえません。

「生放送」という緊張感も乗り越えます。

準備では、
放送をするとはどういうことなのか学習しながら
実際に番組出演に向けて
何を話すのか
どのように話すのか
その他、放送局とのやり取り等もすべて自分たちでしていきます。

限られた時間の中で、時間をうまく使い、
それぞれが作業を分担しながら準備を進めてきました。

そして、ようやく2016年7月6日(水)に、
その生放送番組出演を果たしてきました。


メンバーは、この経験をどのように感じてきていたのでしょうか。
次回は、そのメンバーたちの、放送直後の感想等をご紹介します。

報告: 平野美保



同じカテゴリー(授業紹介)の記事画像
調べたらつなげる
感動して分析する
言葉で説明する 絵で説明する  日本文学
図書館をつくる
学生のおかげでアイドルも論じる
慮って踏み出す
同じカテゴリー(授業紹介)の記事
 調べたらつなげる (2017-10-19 18:54)
 感動して分析する (2017-10-16 16:08)
 言葉で説明する 絵で説明する  日本文学 (2017-10-14 22:35)
 図書館をつくる (2017-10-13 22:36)
 学生のおかげでアイドルも論じる (2017-10-11 20:37)
 慮って踏み出す (2017-10-09 20:44)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)授業紹介話しことば教育学生の活動報告

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。