2016年03月29日

教員は研究会もしています


少し前の話ですが、
3月9日に、「ことばの研究会」を、
開催しました。


ことばの研究会は、
言語を中心に、文化を研究する、
大学の中のグループです。

とはいえ、
明確にメンバーを決めているわけではなく、
学内であれば、
誰でも気軽に参加できます。


人間文化学部、生活福祉文化学部、心理学部、
と3つの学部があるのですが、
研究領域にこだわらず、
お互いの研究の中味を知り合おう、
という目的です。


今回は、人間文化学部英語英文学科の、
大川淳先生に、
「William Saroyan の短篇をしみじみ読む
 ―“The Cat”における移民表象」
の題で、発表してもらいました。


サローヤンは、
アルメニア系移民の両親の元に生まれた、
20世紀中葉に活躍したアメリカの作家です。

その「猫」という短篇をとりあげ、
移民の問題が表れていると思われる部分を、
取り上げながら、
従来の解釈とは異なる読み方を提供しようという、
意欲的な発表でした。


題材が、小説ということもあって、
異なる分野の研究者である教員も、
質問や意見を述べやすかったかもしれません。
活発に意見交換がなされました。



言語文化研究は、冊子も発行しています。
よろしければ、大学のホームページから、
御覧ください。
京都ノートルダム女子大学図書館
 学内リポジトリ 言語文化研究



報告:長沼光彦



同じカテゴリー(教員の研究活動)の記事画像
研究プロジェクト発表会2018を開催しました
「文化の航跡研究会」を開催しました。
2月7日(水)に「文化の航跡研究会」を開催します
サンフランシスコ大学リッチ学院滞在記(1)
ハンガリーのローラン大学での学会発表
教員も勉強しています 
同じカテゴリー(教員の研究活動)の記事
 研究プロジェクト発表会2018を開催しました (2018-03-07 18:00)
 「文化の航跡研究会」を開催しました。 (2018-02-13 14:01)
 2月7日(水)に「文化の航跡研究会」を開催します (2018-01-30 09:00)
 サンフランシスコ大学リッチ学院滞在記(1) (2017-07-07 17:00)
 ハンガリーのローラン大学での学会発表 (2017-04-04 17:36)
 教員も勉強しています  (2017-02-21 17:00)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00 │Comments(0)教員の研究活動

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。