2015年12月15日

傘を貸す


冬らしくない気温の中、
雨が降る日が続いています。


本日は午前中晴れていたせいか、
学生の中には、傘を忘れたという人がいました。

本学の事務や教員は、
こんなときに、貸し出す傘を持っていたりします。

大学では、あまり見かけない光景でしょうか。
そんなに親切にしなくても良いのではないか、
と思われる方もいるかもしれません。

大学の教職員が意識しているわけではありませんが、
これは、本学が伝統的に行っている、
人と関わる学びなのだと思います。


ちょっとしたことですが、
普段の生活の中で、
互いに助けることができるような環境で、
過ごした人はどういう気持ちになるでしょう。

助けてもらったら、
嬉しい気持ちになります。
その気持ちが今度は、別の人を助けてあげたいと、
気持ちにつながるのではないでしょうか。

良いことを見て感じて、
良いことを学ぶ。

カトリックの慈愛の精神は、
こういうところにも、
さりげなく現れているのではないかと思います。


報告:長沼光彦



タグ :思いやり

同じカテゴリー(日記)の記事画像
キャンパスの紅葉はこれから
下鴨神社で特別講義を実施しました 2 ―日本年中行事論
下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論
SPI講座を実施しました -3年次ゼミ
物故者追悼ミサを行いました
もうクリスマスでしょうか
同じカテゴリー(日記)の記事
 キャンパスの紅葉はこれから (2018-11-20 21:59)
 下鴨神社で特別講義を実施しました 2 ―日本年中行事論 (2018-11-19 17:00)
 下鴨神社で特別講義を実施しました1 ―日本年中行事論 (2018-11-18 17:00)
 SPI講座を実施しました -3年次ゼミ (2018-11-17 20:19)
 物故者追悼ミサを行いました (2018-11-15 21:39)
 もうクリスマスでしょうか (2018-11-13 21:13)

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:49 │Comments(0)日記

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。