2018年06月30日

水無月をいただきました


本日、6月30日は、
夏越しの祓(はらえ)の、
儀式が行われています。

(写真は、以前紹介した、
石清水八幡宮の茅の輪です。)

1年の半分が過ぎたところで、
邪気(悪い気)を祓って、
残りの半年を、
健康に過ごそうと願うものです。


旧暦のときには、
今の7月に行うことになりますから、
夏の盛りに当たります。

まさに、暑い夏を越える儀式、
ということです。


この時期に、京都では、
水無月(みなづき)という、
お菓子をいただきます。


旧暦6月の名前のついたお菓子は、
氷にみたてたものだと言われます。


学生に聞くと、
同じ関西地区でも、
大阪や滋賀では、
見かけないのだそうです。


そこで、少し早かったのですが、
2日前に、ゼミで、
水無月をいただくことにしました。



関西より遠方の地域から来ている学生や、
留学生にとっては、
おもしろい京都体験になったようです。

(フォークでいただいたので、
あまり和風な感じではありませんが。)


報告:長沼光彦

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:38Comments(0)日記京都日本語日本文化領域

2018年06月29日

大学生は自ら調べる


基礎演習では、レポートの書き方を、
練習しています。



大学は、7月末に、試験期間に入るので、
その準備というわけです。


授業で教師の話を聞くことも大切ですが、
レポートでは、
自ら調べて、自らまとめる、という、
能動的な取り組みが必要です。


大学では、こういう能動的な姿勢が、
大切です。


近年は、高校でも、
生徒の能動性を求めていますが、
大学では、より主体的に、
学ぶ必要があるのです。


報告:長沼光彦


  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:27Comments(0)授業紹介アクティブラーニング

2018年06月28日

KBS京都 海平和アナウンサーをお迎えしての授業

人間文化学科の授業「スピーチの基礎」では、
毎年、「なごみん」の愛称で親しまれている
KBS京都の海平和アナウンサーをお迎えして話を伺っています。
本年も6月の授業にお越しいただきました。


この授業では、
「講演」のようにただお話を伺うだけというものではありません。
学生たち全員が何らかの形で海平アナとコミュニケーションをとります。


司会をする学生、質問をする学生で役割分担をし、
仮想の「生放送番組」をイメージして
授業を進めていきます。

話の内容は、海平アナの仕事、学生時代、趣味などについて。


海平アナは、明るく楽しく、かつ、とても自然に、
学生たちに役立つ話をしてくださいました。
皆、あっという間に、「なごみんワールド」に引き込まれていったようです。

とはいえ、現役のプロのアナウンサーを前に、
「話す」わけですから、練習とは違う緊張感があったかと思います。
ですが、皆、本番でも堂々と話していました。
皆、大変立派でした。



最後に、恒例の、海平アナと受講生全員との記念撮影です。
本当に楽しく、有意義な時間となりました。
海平アナウンサー、ありがとうございました!



受講生の皆さん、
この授業では、最後にもう一つプロジェクトがあります。
この授業の総仕上げです。
楽しみながら、かつ、もっともっと力をつけていきましょう。

報告 平野美保
(写真:人間文化学科3回生 阿部 &平野)


  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:39Comments(1)話しことば教育授業紹介日本語日本文化領域

2018年06月27日

ラジオ番組制作

こんにちは。三回生の森下です。

私が所属する平野ゼミでは、主にスピーチやプレゼンテーション力を高めるために、
ラジオ番組の制作に取り組んでいます。

ただ今、1週間後に控えた7月のラジオ番組生放送に向けて練習を重ねています。




このようにして、みんなで構成を考え、意見を出し合っています。
常に次回の活動に活かすため、反省点の話し合いも行っています。




実際に生放送の時間をいただいてラジオ番組を作り上げるため、
時間配分や進行方法など難しいことは沢山あります。

また、学内の学生だけでなく、全国の誰でも聞くことができる環境のため、
普段と違った緊張感もあります。
しかし、すごく楽しい雰囲気の中取り組むことが出来ています。
本番まであと少し。
精一杯頑張りますので、お時間のある方はぜひ聞いていただけたらと思います。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


放送局:ラジオカフェFM79.7
日時:平成30年7月4日(水)18:30~19:00

■ラジオテーマは、お悩み相談と究極対決です。
(お悩み相談は人間文化学科の学生にアンケートをとり、実際に学生からいただいたものです。)
listenradioを使えば、世界中どこでも聞けます。
http://listenradio.jp/


  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 11:30Comments(0)話しことば教育学生の活動報告授業紹介

2018年06月26日

ロベリアも咲いています 花のある大学72


昨日は、ひまわりの足下に、
ベゴニアが咲いていると、
紹介いたしました




実は、さらに、その奥に、
かわいらしく、
ロベリアが咲いています。



なかなか、
奥まで見ないかもしれませんが、
花を探す楽しみはあります。



報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:02Comments(0)日記新館・校舎紹介

2018年06月25日

ベゴニアが咲いています 花のある大学71

茶室の前で、ベゴニアが咲いています。



向日葵(ひまわり)の話ばかりして
その足下に咲く花に、
コメントしないのは、
かわいそうかなと思いました。



キャンパスでは、ちょっと見回すと、
いろいろな植物を楽しむことが、
できます。



報告:長沼光彦

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:20Comments(0)日記新館・校舎紹介

2018年06月24日

世界が知る日本


フランス人が知っている日本人、
というような形で、
各国の人に、知っている日本人を聞く、
番組がありました。



朝日放送、土曜日夜の、
こんな時間に地球征服するなんて、
という番組です。


宮崎駿、黒澤明、といった名前が出てくると、
なるほどなあ、という気持ちがします。

ただ、ロマネスクという、
コンビの名前があがったりすると、
誰だろう、と思います。


2010年のパリ国際映画祭で、
公式マスコットになったほどの、
有名な日本人コンビなのです。

(レ・ロマネログという公式ブログがあります。)


こういう番組を観ていると、
海外と日本国内の認識の違いがわかって、
面白いですね。

報告:長沼光彦


  
タグ :海外日本人


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:37Comments(0)日記国際文化領域(多文化理解)日本語日本文化領域

2018年06月23日

沖縄は梅雨明けだそうです


沖縄は梅雨明け(つゆあけ)だそうです。
一足早く、夏らしい気候となるようです。



京都は、本日も雨でした。


もう少し、雨の季節が続きそうです。



報告:長沼光彦  
タグ :梅雨


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:29Comments(0)日記

2018年06月22日

ひまわりが咲きました 花のある大学70


茶室の前で、向日葵(ひまわり)が、
咲いています。



まだ梅雨空なので、
早いような気もしますが、
あざやかな黄色を、
キャンパスに添えています。


昨日が夏至でしたから、
少し早い向日葵は、
夏の到来を予告するものだと、
思います。


報告:長沼光彦  
タグ :ひまわり


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:02Comments(2)日記新館・校舎紹介

2018年06月21日

本日は夏至です


本日は、二十四節気(にじゅうしせっき)の、
夏至(げし)になります。



1年で、最も昼間が長い日です。

そういえば、最近は、
なかなか日が暮れませんね。


日本では、梅雨の季節なので、
日が長い、という印象がないかもしれませんが。


報告:長沼光彦




  
タグ :夏至


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:12Comments(1)日記日本語日本文化領域

2018年06月20日

地震について大学よりお知らせが出されてます


今回の地震について、
大学より、お知らせがあります



学生の皆さんは、ご覧ください。



長沼光彦  

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:22Comments(0)日記

2018年06月19日

授業を再開しました


本日、大学は、
授業を再開しました。


大学からのお知らせは、
こちらです



長沼光彦

  

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:10Comments(0)日記

2018年06月18日

地震に対する大学の対応


本日、早朝、大阪を中心に、
強い地震が起きました。


本学は、休講となっています。


大学の対応については、
大学ホームページをご覧ください



長沼光彦  

Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 14:26Comments(0)日記

2018年06月17日

石清水八幡宮の周辺を歩きました


16日、土曜日に、
石清水八幡宮の近辺を、
散策いたしました。


今回は、学生は一緒ではないのですが。


緑懇会という、
文化史蹟周辺の、
森や樹木に注目しながら、
人間と文化を考える、
グループに参加したのです。


石清水八幡宮は、
京都の南西、裏鬼門にあたる、
男山に位置します。


そんなわけで、
ちょっとした山登りをしながら、
樹木を見て回るわけです。



参加している方たちは、
学校の先生など、
植物や文化に詳しいので、
話を伺うと、勉強になります。


もったいないのは、
若い方の参加が少なく、
関西の文化や、樹木に興味のある方は、
一緒に歩いてみると、
良いのではないかと思いました。


石清水八幡宮は、
6月ということで、
夏越しの祓えの準備で、
茅の輪が飾られていました。



報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:24Comments(1)京都フィールドワーク京都

2018年06月16日

月の上に輝く星は

本日、6月16日20時頃、
西の空の、三日月の右上に、明るい星が、
見えました。



どうやら、金星のようです。
(国立天文台HP ほしぞら情報2018)


特に宣伝はしていないようですが、
ふと空を見上げると、
おもしろい光景に出会うことが、
あるようです。


報告:長沼光彦  
タグ :金星


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:25Comments(0)日記

2018年06月15日

小テストの効果


基礎知識を確認するために、
日本語コミュニケーションや、
国語科教育法などの授業では、
漢字などの小テストをすることがあります。



これが、やらなければいけない、
と思うだけですと、
なかなか気持ちが向かない、
ということはあります。


ところが、学生の中には、
小テストをしてほしい、
という人もいます。


小テストをきっかけに、
自分で定期的に勉強をして、
知識の定着を確認したい、
ということのようです。


こういう気持ちになると、
自分の中に、モチベーションがあるので、
学ぶ効果があがります。


テストも、大学では、
させられるものではなく、
自分で利用する、
ものになると、効果的なわけです。


報告:長沼光彦


  
タグ :小テスト


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:47Comments(0)国語科教諭免許授業紹介

2018年06月14日

サッカーワールドカップが始まります


本日より、サッカーのワールドカップが始まります。



サッカーには、国毎に、
スタイルがあります。

試合を観ていると、
それぞれの代表チームの、
やり方が違うことがわかります。


例えば、日本の選手は、
真面目で、組織的な試合の進め方が、
得意だと言われます。

その一方で、個人の主張が弱く、
チームの中で、個人を表現することが、
苦手だとされます。

ヨーロッパで活躍している選手は、
意識的に個人を主張するように、
態度を変えたりするようです。


サッカーのスタイルも、
それぞれの国の文化を反映しています。

そういう目で試合を観てみるのも、
面白いのではないかと思います。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:45Comments(2)日記国際文化領域(多文化理解)

2018年06月13日

わかりやすく質問する 国語科教育法Ⅰ


国語の先生は、
説明もうまくなる必要がありますが、
質問もうまくならなければいけません。

(教師の生徒への質問は、
発問といいます。)


うまい質問というのは、
どんなものでしょう。


私たちが質問をする場合は、
わからないことを理解するために、
疑問をなげかけます。


一方、先生の質問は、
答は自分が持っていて、
生徒に答えてもらおう、
というものです。


つまり、生徒を答えに導くための、
質問ということになります。


というわけで、質問には、
答を思いつく、
良いヒントが隠されている必要があります。


今回は、受講生の皆さんに、
そんな発問を、考えてもらいました。


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:43Comments(1)国語科教諭免許授業紹介

2018年06月12日

あじさいが咲きました 花のある大学69


梅雨の季節となり、
例年のように、キャンパスで、
紫陽花(あじさい)が花を咲かせました。



場所は、キャンパスの東側です。



地下鉄北山駅側から、
通学している学生の皆さんは、
気づきにくいかもしれません。


あざやかな色の紫陽花は、
曇り空に、彩りを与えてくれます。



少し遠回りをして、
立ち寄ってみてはいかがでしょう。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:44Comments(0)日記新館・校舎紹介

2018年06月11日

鈴鹿可奈子先生 ホスピタリティ京都


6月5日のホスピタリティ京都は、
聖護院八ッ橋総本店専務、
鈴鹿可奈子先生をお招きしました。



「味は伝統」を企業理念とし、
100年は続く商品を販売していくことを、
聖護院八ッ橋総本店は目指しています。


「米粉と砂糖を混ぜ合わせ、
にっきで香り付けをしたもの」
という八ッ橋の定義を守りながら、
時代に合わせて、お客様に届ける方法を、
考えています。



2011年3月26日に誕生した、
聖護院八ッ橋総本店の新しいブランド、
nikiniki は、
「新しい八ッ橋のお召し上がり方を提案する」
ものです。

これまでと異なる八ッ橋の楽しみ方の提案し、
新たなお客様をお招きするブランドです。


このように、新たな試みを行うのは、
「100年後・200年後の八ッ橋」を念頭におき、
八ッ橋の美味しさを、
一人でも多くの人に届けたい、
と考えるからです。


報告:長沼光彦


  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:02Comments(0)授業紹介京都