2018年02月25日

スポーツは論理的である


高木菜那選手、
女子団体パシュートに続き、
マススタートで金メダル。
すばらしいですね。


世界で1位という結果は、
もちろんすばらしいのですが、
試合の過程に、
ぐっと惹きつけるものがありました。


マススタートは、
16人で同時に滑る、
駆け引きの難しそうな、
スケート競技です。


高木菜那は、序盤、
集団の中に隠れるようにして、
滑走します。

人の陰にいた方が、
風の影響を受けず、
疲れずにすむのだそうです。

そして、後半、ピッチをあげ、
先頭に立つオランダの選手が、
アウトにふくらんだところを、
インから一気にぬいた、
という展開です。


どのように試合を組み立てるか、
というプランニングと、
その場その場の判断との、
両方の力が必要なわけです。


勝った結果もすばらしいのですが、
駆け引き、準備などにも、
目を向けると、
スポーツ観戦は、
より面白くなると思います。


報告:長沼光彦

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:51Comments(0)日記日本語日本文化領域