2018年11月17日

SPI講座を実施しました -3年次ゼミ

 
3年次生必修科目「専門演習Ⅱ」は、ふだんは各自が選択している専門ゼミに分かれて授業を受けていますが、今回は、全員が合同クラスに集合し、まもなく直面しなければならない就職活動で大きな意味をもつといわれるSPI試験について、体験講座を受講しました。

本来、就職活動というものは、個人の意欲と関心と必要度にもとづいて、主体的に追求するものであり、各自に任せておくべきものですが、最近では、キャリア教育と称して、学生がどのように自分のキャリアを見通して学習するかという視点が大学教育にも求められており、とくに学生諸君が自己実現をしていく上で大きな意味をもつSPI試験について、論より証拠、まずは体験してもらおうということで、初めての体験講座開催となりました。

 協力してくださったのは、リクルートキャリアメディアサービス事業本部の藤井志穂さんです。最初の30分、SPI試験に関するレクチャーをしてくださいました。





 SPI試験というのは、リクルート社が開発したもので、多くの民間企業において採用試験や人事管理等に活用されている重要な試験である。

 試験は性格検査と基礎能力検査と2種からなり、それらを総合した結果のデータが、幅広く活用されている現状がある。

 学生諸君は、それらの事実を知り、この試験の大切さを初めて理解したようです。

 そして、その後、本番と同じ、50分の基礎能力検査(言語・非言語テスト)の方を受験しました。

 漢字や語彙、文章構成を問う国語の問題はまだしも対応できたのですが、非言語問題のほうでは、食塩水の%の問題をはじめ、小学校や中学校で取り組んださまざまな算数・数学の問題が出題され、分数式の計算はどうだったか、比の値は、最小公倍数は、、、と次々に忘れ果てた計算法を思い出すのに必死で、悪戦苦闘。




 課外に行われている、SPI講座を受験しよう、と思った学生が多くいたようです。

 担当した藤井さんからは、次のようなコメントをいただきました。

 ほぼ全員の学生さんが最後まで真剣に解いていて、点数もまずまずだったように感じます。おそらく解き方を忘れているだけで、問題に慣れたりさび落としを行うことで本来の力を発揮できるようになると感じました。また、SPIの仕組みについてもお話しさせていただきましたので、少しでも「自分を助けてくれるツール」だと思っていただけましたら幸いです。

 学生たちが、就職活動にスイッチを入れるいいきっかけになったことと思います。ありがとうございました。


〈報告者:学科キャリア委員 堀勝博〉

 

   


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:19Comments(0)日記授業紹介キャリア教育・就活・インターンシップ

2018年11月15日

物故者追悼ミサを行いました


本日、11月15日、
物故者追悼ミサを行いました。



物故者追悼ミサは、
教職員や学生、
京都ノートルダム女子大学にゆかりのある、
亡くなられた方たちを偲ぶミサです。


大学に関わる多くの方たちに、
思いを寄せるとともに、
日々の自分の過ごし方を、
振り返る日でもあります。


多くの人との、
さまざまな関わりで、
日々を過ごしていることが、
あらためて感じられました。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:39Comments(0)日記カトリック教育

2018年11月13日

もうクリスマスでしょうか


11月に入ったら、
デパートを中心に、クリスマスのムードです。



いささか、早すぎるような気がしますが。
日本の11月は、いつからか、
クリスマス待望、という、
雰囲気です。


日本人は、お祭り好きだから、
などと、言われます。


夏の花火大会が終わり、秋祭が終わると、
しばらく何もなかったわけですが。

さみしいので、ハロウィンを、
日本の祭にしてみました。


それでも、クリスマスまで、
二ヶ月弱、待ちきれずに、
クリスマス飾りが、街に並びます。


11月にも、祭を作った方がよいのでしょうか。
(学生は、文化祭がありますが。)

それとも、このまま、
クリスマスを待ち焦がれる方が、
楽しいでしょうか。


報告:長沼光彦  
タグ :クリスマス


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:13Comments(1)日記日本語日本文化領域

2018年11月11日

公開講座「世界の中で日本を考える」を開催しました

本日、11日、日曜日、
公開講座「世界の中で日本を考える
―インドの俳句、ドイツの盆栽―」を、
開催しました。



国際日本文化研究所教授、
井上章一先生をお招きして、
第一部で、基調講演をお願いしまいた。

第二部では、井上先生と、
人間文化学科教員、
長沼光彦、吉田朋子、が、
シンポジウム形式で、
お話をいたしました。


井上先生のお話を、
少し紹介しましょう。


今回の題名にあるとおり、
インドで俳句が作られたり、
ドイツで盆栽が楽しまれたり、と、
日本の文化は、世界に広がっています。


そのときに、もともと日本にあったものと、
どこか違うな、という形に、
変わっていることがあるでしょう。

ただ、それも、海外における、
日本文化の理解、解釈のひとつの仕方として、
耳を傾けたり、楽しんでみてはいかがでしょう、
というお話です。


日本の中で生活していると、
気がつかないことが、
その理解や解釈の中に、
隠されているかもしれません。


私が思うに、
そういう変化も含めて、
交流ということなのだと思います。

そういう交流を機会に、
互いの理解を深めることができると、
面白そうですね。


報告:長沼光彦





  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:38Comments(0)日記国際文化領域(多文化理解)国際文化領域(芸術と思想)日本語日本文化領域

2018年11月10日

明日日曜日は、公開講座「世界の中で日本を考える」です


明日、11日、日曜日は、
公開講座「世界の中で日本を考える」です


以前もお知らせしましたが、
よろしければおいでください



「京都ぎらい」など多くの著作がある、
井上章一先生をお招きして、
人間文化学科教員、
長沼光彦、吉田朋子、が、
お話いたします。


よろしくお願いします。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:43Comments(1)日記

2018年11月09日

明日土曜日は、公開講座です


明日、土曜日10日は、本学で土曜公開講座
「今を生きるために キリスト教の思想・文化にふれる」
を開催します。




よろしければ、おいでください。


以下の日程で行います。

14:00~15:00
「ヘレン・ケラーと日本」
室田保夫教授(福祉生活デザイン学科)
15:10~16:10
「聖ジュヌヴィエーヴとめぐるパリ―絵画作品を中心に―」
吉田朋子准教授(人間文化学科)


人間文化学科の、吉田朋子先生も、
お話いたします。

よろしくお願いします。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:07Comments(0)日記カトリック教育

2018年11月07日

体調をくずすこともある


にわかに涼しくなったためか、
体調をくずす学生もいるようです。



大学を、
お休みはしていないのですが、
土日に調子をくずす、
という場合もあるようです。


せっかくの休みなのに、
損した気がしますね。


どうやら、休んでいい日にしか、
風邪をひかない人も、
いるんですね。


土日に休んで、ある程度治るので、
学校や仕事には、出てくることになる。

おそらく、根が真面目なので、
平日は、気力で風邪を抑えていて、
ほっとしたところで、
症状が出るのだと思われます。


そんなときは、次の週末は、
思い切って休む予定にしては、
いかがでしょう。


心のゆとりができて、
次の週末に、ぶり返す、
ということもないように思います。


報告:長沼光彦

  
タグ :風邪疲れ


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:53Comments(0)日記

2018年11月06日

高校生の皆さんが授業にいらっしゃいました

本日、詩を扱っている、
日本文学特講という講義に、
高校生の皆さんがいらっしゃいました。



年に何回か、訪問のお約束をしている、
高校から、生徒さんたちが、
本学に訪れます。


せっかくですから、
大学生には、これまでの話の続きで、
高校生の皆さんにも、
興味を持てるような話になるように、
ちょっと考えてみました。


詩のリズムの話をしたのですが、
JPOPなど、歌詞と結びつけて、
話を進めました。


詩は、あまり読まないという人でも、
JPOPは聴くので、
話に入りやすかったようです。


普段講義を聴いている大学生も、
もっと、こういう授業をしてほしい、
という感想をもらいました。


大学生の皆さんには、
詩そのものも、
もっと読んでほしいところですが。


報告:長沼光彦
  
タグ :JPOP


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:19Comments(0)日記授業紹介日本語日本文化領域

2018年11月04日

11月11日は公開講座を開催します

来週、日曜日、11月11日は、
「世界の中で日本を考える」の題で、
人間文化学科主催の講演会を開催します。



「京都ぎらい」など多くの著作がある、
井上章一先生をお招きして、
人間文化学科教員、
長沼光彦、吉田朋子、が、
お話いたします。


講座のチラシは、
リンク先の大学ホームページにあります。


よろしくお願いします。


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:27Comments(0)日記

2018年11月03日

キャンパスが秋色に


にわかに気温が、
下がってきたからでしょう




キャンパスの木々が、
秋色に染まりはじめました。



もみじは、もう少し後のようですが、
春の花、ハナミズキや、
桜の木の葉は、赤くそまり、
散り始めています。



散った葉が、庭に落ちる様子も、
趣があるように思います。



報告:長沼光彦  
タグ :


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:46Comments(0)日記

2018年11月01日

冷える夕方に


にわかに、冷える夕べが、
続くようになりました。



雪が降っている地域もあるようですから、
京都も、すっかり秋になったわけです。


先日まで、暖かい日が続いたので、
なかなか体が慣れない、
というところがあります。


日が暮れると、
コートがあった方がよい、
と感じることもあります。


学生の中には、
体調を崩している人もいるようです。


季節の変わり目は、
なかなか難しいですね。


報告:長沼光彦  
タグ :


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:24Comments(1)日記

2018年10月30日

ハロウィンの菓子


明日はハロウィンです。



先日の土日は、大学祭でしたが、
大学のある京都北山では、
北山ハロウィンというイベントが、
開催されました。

多くの方に訪れてほしいということで、
土日開催となっています。


そんなわけで、日本でも、
ハロウィンは、メジャーなイベントとなりました。


学生に、Trick or Treat
と言われたわけではないですが、
お菓子を食べながら、
ハロウィンの由来について、
調べてみました。


キリスト教のイメージを持っている方も、
いるかもしれませんが、
キリスト教会では、
行事として行うことはないようです。

ただ、ハロウィンの次の日に、
諸聖人の日、という行事があり、
その行事と重なるので、
キリスト教と関係あるように、
思われているのかもしれません。

(私の家の近所の教会では、
日曜日に、バザーをしていました。)


留学生からは、現地のハロウィン事情を、
聞いたりして、なかなか面白い発見がありました。


教員は、ただでお菓子を食べさせず、
勉強をさせようと企むわけです。

Treat and Study というところでしょうか。

報告:長沼光彦  
タグ :ハロウィン


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:04Comments(1)日記授業紹介

2018年10月29日

卒論も書かなきゃならない


4年生は、就活で忙しいわけですが、
卒業論文も書く必要があります。



2つ、大仕事が重なるので、
学生は、たいへんだ、無理、と、
ぼやきます。


大変ではありますが、
いい機会でもあると思います。


自分の考えを、長い文にまとめる、
という挑戦は、もうしないかもしれません。


少したいへんなことを、
がんばってみるという経験は、
自分の中に残るものでもあるでしょう。


今は、たいへん、無理、
という気持ちでも、
挑戦してみては、いかがでしょう。


報告:長沼光彦

  
タグ :卒業論文


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:12Comments(1)日記授業紹介

2018年10月28日

ノートルダム祭はいかがでしたか


ノートルダム祭に、おいでいただき、
ありがとうございます。



屋台や展示など、
各サークルが工夫を凝らして、
行っておりました。




校門を入って見える
茶室の前では、
野点(のだて)を行っていました。

多くのお客様に、
楽しんでいただいたようです。

私は、学生に勧められて、
みたらし団子をいただきました。





仕事について学ぶ授業のひとつ、
キャリア形成ゼミの、ブライダルゼミが行う、
模擬挙式が行われました。


ブライダル業界について学び、
学生が自らの企画で、
模擬の結婚式を行うというものです。

もちろん未熟なところはあったかと思いますが、
印象に残る式を行おうと、
奮闘しておりました。



また、同時に開催した、
オープンキャンパスにも、
多くのご来場をいただきました。

京都ノートルダム女子大学の、
楽しい雰囲気を、
味わっていただけたでしょうか。


よろしければ、
またおいでください。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:20Comments(1)日記

2018年10月27日

ノートルダム祭開催しています


この土日は、大学祭、
ノートルダム祭を開催しています



キャンパスには、屋台がならび、
いろいろな、美味しいものを、
提供しています。

(写真は、留学生会が提供している、
水餃子です。)

教員は、歩いていると、
ぜひおひとつ、と勧められます。



また、各サークルの展示や発表が、
行われています。

これも、学生に捕まって、
宣伝してほしいと言われたので、
サークル展示をひとつ、
ご紹介します。


伝統文化研究会は、
京都などの名所を調べ、
実際に現地に赴く活動をしています。



そのフィールドワーク報告を、
展示しているので、
よろしければ、御覧ください。


明日は、ビンゴ大会もある予定ですので、
おいでください。


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:57Comments(2)日記

2018年10月26日

この土日は、ノートルダム祭です


この土日、10月27日、28日は、
大学祭、ノートルダム祭です



先日もお知らせしましが
よろしければ、
遊びにいらしてください。


オープンキャンパスも、
同時に開催しています


受験生の皆さんも、
大学祭を楽しみながら、
キャンパスライフのことなど、
ご相談ください。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:11Comments(0)日記

2018年10月22日

あいさつでほっこり


大学で、学生と会うと、
あいさつをしてくれます。



通学の途中で会うときも、
あいさつをしてくれます。


お互いが顔見知りとなりやすい、
本学ならではの風景か、
と思います。


あいさつを交わすと、
お互いにほっこりした気持ちに、
なるでしょう。


それは、形ばかりの挨拶ではなく、
顔が見える挨拶、だからだと思います。


朝にあいさつを交わすと、
一日がはじまる気持ちになります。


報告:長沼光彦
  
タグ :あいさつ


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:40Comments(2)日記

2018年10月21日

次の週末は、大学祭です


次の週末、10月27日土曜日、28日、日曜日は、
大学祭、ND祭(ノートルダム祭)です。



各サークルの展示や、屋台が、
キャンパス内で行われます。


また、志尊淳トークショー、
お笑いライブ、など、
イベントも行われます。



また、ND祭と同時に、
オープンキャンパスが開催されます。


大学祭を楽しみながら、
キャンパスライフについて、
ご相談ください。


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:22Comments(1)日記

2018年10月18日

秋が深まってきたようです


空を見上げると、
秋らしい雲となりました。



ここ数日で、朝夕は冷え込んできたようです。
学生も、コート羽織っていたりします。


キャンパスの中でも、
色づきはじめた樹木もあります。


こうして、秋らしくなっていくようです。



報告:長沼光彦  
タグ :


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:03Comments(1)日記

2018年10月16日

元気ですか


先日、学生が疲れたと言う、
という話を書きました




そうすると、今日は、
学生に、元気?、
と聞かれました。


疲れているように見えたのか、
立場逆転というわけです。


学生は、見ていないようで、
見ているようです。


報告:長沼光彦  
タグ :挨拶


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:43Comments(0)日記