2017年06月17日

楽しい大学

キャンパスで、
ブログ用の写真を撮っていましたら、
1年生のふたりに「写真撮って!」と声をかけられました。



コンセプトは、「楽しいJD(女子大生」
だそうです。


「楽しいの?」と聞くと、
「楽しいですよ」とのお返事。
何よりですね。



楽しい、ということは、
その場にいることが、
肯定的に受け止められている、
ということだと思います。

大学、イイネ、
という感じでしょうか。


一方、学校という場所では、
勉強など、がんばる、努力する、
ことがまず大切だ、
という意見もあるかと思います。

ただ、がんばる場合にも、
まずは、楽しい気持ちがあった方が、
前向きに取り組めるのではないか、
と思います。





先日の、オープンキャンパスでは、
1年生が活躍してくれました。

本学での生活は、
まだ2ヶ月というところですが、
キャンパスライフを楽しいと思っていることを、
高校生の皆さんにも、
伝えたいと活動してくれたようです。



1年生から、
大学生活を楽しいと思えると、
チャレンジしてみたいことが、
次々と見つかるように思います。


報告:長沼光彦




  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00Comments(0)日記学生の活動報告

2017年06月13日

紫陽花(あじさい)が咲いています 花のある大学53


大学キャンパスの東側では、
紫陽花(あじさい)が満開です。



梅雨入りしながら、雨が降らない、
空梅雨(からつゆ)ですが、
紫陽花は、見頃となりました。



学生の皆さんは、
地下鉄北山駅の方から、
通学する場合が多いので、
気づいていない人もいるかもしれません。



京都の紫陽花の名所と比べては、
いけないでしょうけれども、
咲きそろった様子は、
なかなかきれいです。

少し遠回りして、
歩いてみるのも、良いですよ。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:45Comments(0)日記新館・校舎紹介

2017年06月11日

オープンキャンパスを開催しました

本日、11日、日曜日は、
オープンキャンパスでした。


多くのご来場ありがとうございます。



模擬授業は、平野美保先生が、
「笑顔がもたらす素敵なコミュニケーション」の題で、
本学科の特徴ある学び、
「話しことば教育」についてお話しました。


大学生に求められている力、
コミュニケーション能力向上に必要なこと、
そして、今回は、卒業生に来てもらい、
自身の体験を交えて紹介してもらいました。



就活で役だったことなど、
社会で使える、
コミュニケーションの学びであることを、
紹介してもらいました。


また、人間文化学科では、
プレゼンやスピーチを、
日本語コミュニケーションなどの授業や、
1年次ゼミ、2年次ゼミで、
重んじており、
「話しことば教育」が、
種々の場面で、
学科の学びと結びついていることをお知らせしました。



体験コーナーは、
鷲見朗子先生の「アラビア語入門」と、
中里郁子先生の「聖句入りカードづくり」です。



「アラビア語入門」は、
アラビア語の初歩を学んでいただき、
自分の名前を、カードに書いてもらいました。



できあがったカードは、
アラビア語独特の美しい字体でしあがり、
喜んでいただけたようです。


「聖句入りカードづくり」は、
聖書の中の言葉を選んでいただき、
イラストを付して、
カードとして仕上げるというものです。


普段から学内で、
聖書に親しむ活動として、
行っているものです。

こちらも、お土産として、
お持ち帰りいただきました。



来月もオープンキャンパスは、
開催されます。

また、別の授業や、体験コーナーを用意して、
お待ちしております。

よろしければ、おいでください。


報告:長沼光彦


  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:23Comments(0)日記国際文化領域(多文化理解)国際文化領域(芸術と思想)

2017年06月10日

明日11日は、オープンキャンパスです。


明日、11日は、オープンキャンパスです。
よろしくお願いします。


この週末、人間文化は、
イベントが目白押しです。



オープンキャンパスの模擬授業は、
「素敵なコミュニケーション」の題で、
平野美保准教授が担当します。

「話しことば教育」の名で行っている、
話しことばによるコミュニケーションの方法を、
ご紹介します。

人と話すときには、言葉だけでなく、
表情や態度が影響を与えます。
その効果について、お話します。




体験コーナーは、
鷲見朗子教授による「アラビア語入門」
中里郁子講師による「聖句入りカードづくり」
です。


「アラビア語入門」は、
アラビア語で挨拶してみたり、
自分の名前をアラビア文字で書いて、
カードに仕上げたりと、
アラビア語学習の入門をしていただきます。



「聖句入りカードづくり」は、
聖書のことばを選び、
カード作りを体験していただくものです。

本学では、キリスト教の思想を、
学ぶことができます。
その入門として、
聖書に親しむ一歩目を、
用意しました。


この機会にぜひ、
大学においでください。




本日開催の、公開講座
「百人一首かるたに恋して」の、
ご報告は、またあらためて、
いたします。


報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:13Comments(0)日記

2017年06月09日

10日は公開講座です

以前よりお知らせしておりましたが、
明日は、公開講座、
「百人一首かるたに恋して」を開催します。



6月10日(土) 14:00~16:20
開催場所は、
ユージニア館 3階 NDホール
です。
 《チラシと会場が変わっております。
 ご注意ください。》




京都小倉かるた会、
荒川裕理六段(第47期・48期クイーン〔2003・2004年〕)、
をお招きします。


また、本学教員、堀勝博教授が、
古典ゼミ生で4年前に制作した、
「京都百人一首歌かるた」
に関わる話をいたします。


この機会に、
ぜひ本学にお越しください。
よろしくお願いします。



報告:長沼光彦

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 19:49Comments(0)日記

2017年06月03日

来週は、公開講演、オープンキャンパス


次の週末は、公開講演、
オープンキャンパスと、
イベントが目白押しです。




10日土曜日は、公開講演
「百人一首かるたに恋して」です。

競技かるたの元クイーン、
荒川裕理さんをお招きします。


また、本学教員堀勝博教授が、
4年飴に古典ゼミで制作した
「京都百人一首歌かるた」
のお話をします。





11日日曜日は、
オープンキャンパスです。

人間文化学科は、
模擬授業が、
「素敵なコミュニケーション」の題で、
平野美保准教授が担当します。

「話しことば教育」の名で、
行っている、
話しことばによるコミュニケーションの方法を、
ご紹介します。

人と話すときには、言葉だけでなく、
表情や態度が影響を与えます。
その効果について、お話します。



体験コーナーは、
鷲見朗子教授による「アラビア語入門」
中里郁子講師による「聖句入りカードづくり」
です。


「アラビア語入門」
アラビア語で挨拶してみたり、
自分の名前をアラビア文字で書いて、
カードに仕上げたりしながら、
アラビア語学習の体験をしていただきます。

アラビア語を学ぶ機会は、
なかなかないと思いますので、
この機会にいかがでしょうか。



「聖句入りカードづくり」は、
聖書のことばを選び、
カード作りを体験していただくものです。

本学では、キリスト教の思想を、
学ぶことができます。
まずは、その入門として、
聖書に親しむきっかけづくりを、
用意しました。




よろしければ、
大学に来ていただき、
人間文化学科の学びを、
体験してみてください。

報告:長沼光彦  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 18:22Comments(0)日記

2017年05月29日

イベントが続きます

明日5月30日、笹岡隆甫先生の公開講演、
「いけばな~2020年それ以降に向けて~」
を行うことは、お知らせしました



その後、6月10日には、
人間文化学科主催の公開講演、
「百人一首かるたに恋して」が、
行われます。



大学全体でお知らせしますと、
6月11日には、
新設された現代人間学部の公開講演、
「女性の教育とキャリア」が、
開催されます。



また、6月11日は、
オープンキャンパスでもあります。

これから、6月中旬にかけて、
イベントが盛りだくさんです。

よろしければ、この機会に、
本学においでください。


長沼光彦




  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:09Comments(0)日記

2017年05月27日

バラ園のような 花のある大学52


キャンパスの噴水のまわりは、
薔薇が咲き誇り、
バラ園のような趣です。





噴水の前の、マリア様は、
薔薇に囲まれています。


また、他の場所にも、
薔薇の一叢(ひとむら)が、
並んでいます。



校舎の近くにも、
また一叢(ひとむら)。


ゆったりと歩くと、
いろいろな薔薇が目に映り、
バラ園のようです。


少し日差しが、
暑いのですが。


報告:長沼光彦


  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 20:52Comments(0)日記新館・校舎紹介

2017年05月22日

書道部 新入生歓迎会を開きました



恒例の書道部新入生歓迎会を開きました。

書道部は、京都ノートルダム女子大学が誇る伝統あるクラブですが、数年前に廃部の危機に瀕したこともありました。

しかし、人間文化学科生が中心になって、部員を増やし、活動の灯を守り続けてきました。

そのせいもあってか、現在では、部員のほとんど全員が人間文化学科生で、今年入部した新入生も全員人間文化学科所属でした。





新歓会場は、恒例となった京都洋食の名店、キャピタル東洋亭本店です。

大学から徒歩で15分ほどのところにあります。





名物のハンバーグ料理を賞味しつつ、同じ学科内の噂話に花が咲いたようです。

それにしても、書道部は、大学全体に開かれたクラブです。





他の学部学科生も入部を歓迎しておりますので、いつでも部長の尾﨑朱さん(人間文化学科3年次生)まで。


(書道部顧問:堀勝博)






  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00Comments(0)日記

2017年05月20日

五月病ではないけれど


五月病というわけではないのですが、
この頃に、体調を崩す、
ということがあるようです。



1年生の皆さんの場合は、
意識しないうちに、
新しい環境で、
緊張しているのかもしれません。


まじめな人は、
早く治さなければ、
とあせってしまうかもしれません。



とはいえ、
気持ちと体が疲れているのだとすれば、
思い切って休むことも、
大切でしょう。

緊張とか、焦る気持ちが、
体の反応として、
出ている場合もあります。

思い切って休むと、
自然と、心と体が動いてくる、
と思います。



ひとりで困らないで、
人を頼りにしたり、
相談することも、
大切だと思います。

(よろしければ、担任の教員でも)


報告:長沼光彦  
タグ :五月病


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:06Comments(0)日記

2017年05月18日

3年生は就活の準備をはじめています


本番はもう少し先ですが、
3年生は、就活の準備を始めています。


就活を始める前に、
どんなことをしたらよいか、
キャリアセンターが、
講習会を用意しています。


早いように思っても、
就職試験の準備や、
企業研究など、
いろいろとすべきことがあるので、
早くはないのです。

それでも、
3年生にとっては、
はじめての経験ですから、
なかなか実感できないかもしれません。


キャリアセンターでは、
そんな就活に向き合う、
学生の皆さんの気持ちを、
前向きにするために、
ソフィア館の入り口に、
メッセージボードを用意しています。

偉人の言葉から、マンガの名言まで、
心に響く言葉を選び、
紹介しています。

(特に、就活中の4年生に向けて、
応援する気持ちで書かれています。)


これを目にして、3年生も、
やっぱり、始めようか、
そんなふうに、きっかけをつかんで、
ほしいですね。

本学キャリアセンターのサイトはこちらです


報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:52Comments(0)日記キャリア教育・就活・インターンシップ

2017年05月14日

薔薇が咲いています 花のある大学51


キャンパスでは、
薔薇が咲きそろいはじめています。



新緑の季節となり、
茶室の裏では、
ハナミズキや、ツツジが、
咲いていました。





夏が近づいてきたところで、
薔薇の季節になったわけです。


キャンパスに鮮やかな彩りを、
加えています。


報告:長沼光彦



  
タグ :薔薇


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:30Comments(0)日記新館・校舎紹介

2017年05月12日

ねこを見た 続


先日、大学から帰ろうとしていましたら、
ねこを見かけました。


しばらく前に見た、
白っぽい猫とは

別のようです。


正門から、ひょろひょろと入ってきました。



私に気づくと、
距離をおくようにして、
鐘楼のあるユニソン会館の方へ、
去っていきました。



とりあえず、
私となれ合う気はないようです。

「ねこのいる大学」という題で、
記事にしようかと思っていた、
私の期待を裏切り、
さっさと行ってしまいました。



報告:長沼光彦
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 16:23Comments(0)日記新館・校舎紹介

2017年05月08日

京都のシンボル 京都タワー

京都駅前を歩いていると、
京都タワーを背景に、
記念写真を撮っている人が、
多くいます。



特に、夜は、ライトアップされて、
きれいな写真を撮ることができます。

連休中は、写真を撮る、
多くの旅行客の姿が、
見られました。


現代の建築物ではありますが、
1964年の竣工以来、
50年以上、京都駅前で、
観光客をお迎えしてきました。

すっかり、京都の名物として、
馴染んだようです。



京都は、1000年の都と言われますが、
現代の風物も採り入れながら、
歴史を歩んでいるようです。


(上の写真は、わかりにくいかもしれませんが、
京都駅の壁面に映っている、京都タワーです。)

報告:長沼光彦


  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00Comments(0)日記京都

2017年05月06日

楽しむのは誰 GWとUSJ


GWは、どこかへお出かけになったでしょうか。



テレビでは、USJのCMが流れていますが、
何種類かありますね。
USJは、一昨年、学生に案内されて、
行きました。)



印象に残ったのは、
「ドラゴンクエスト・ザ・リアル」のCMです。

巨大なモンスターに、
母と娘が襲われています。

「助けて」というと、
それまで、しょんぼりしていた、
お父さんが、剣を持って立ち上がります。

「勇者の僕が目を覚ます!」


アトラクションの主人公が、
お父さん、なんですね。

お父さんは、子どもを楽しませるだけでなく、
自分で楽しんでもいいんです、
というメッセージのようです。



実は、このごろ流れているUSJのCMには、
いろいろな種類があります。

「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」のCMは、
中学生か高校生くらいの女子が、
楽しんでいる内容です。

「ようかい体操・ザ・リアル」は、
小学校くらいの男の子と女の子が、
ようかい体操を、踊っています。


異なる世代が主人公になっていて、
それぞれのニーズをふまえながら、
広くお客さんに訴えようという、
意図のようです。



ドラクエは、あるいは、
今の子どもには、馴染みが薄いかもしれません。

(子どもは、最近はやった、
妖怪ウォッチの方が、
人気でしょう。)

とはいえ、一日過ごすわけですから、
お父さんが楽しめるアトラクションも、
あって良いということなのだと思います。

CMも、誰かに何かを伝える、
メッセージですから、
その意図を考えてみるのも、
面白いかと思います。



報告:長沼光彦

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 21:53Comments(0)日記日本語日本文化領域

2017年05月04日

新緑の装い 花のある大学50


5月になり、キャンパスは、
新緑の装いとなりました。




4月中旬は、こんなふうに、
桜が花を咲かせていたのですが。



実は、葉桜のあいだには、
まだいくつか、花が残っていたました。







とはいえ、名残を惜しんでばかりいると、
新しい花を見逃してしまいます。


茶室の前には、ひとむらの、
かわいらしい花を見つけることができます。


茶室脇の通り道には、
つつじが花を咲かせています。




あらためて、見渡してみると、
正門横の、守衛室の足下には、
登校する学生を迎えるように、
花が咲いています。



ユージニア館前の、植え込みには、
見逃しそうな、小さな花が咲いています。




こんな花をさがして、
しばし足をとめてみるのも、
良いのではないでしょうか。


報告:長沼光彦

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:51Comments(0)日記新館・校舎紹介

2017年05月03日

京都からお出かけ


ゴールデンウィークまっただ中で、
京都に訪れる方も、多くいます。


葵祭の儀式が、
上賀茂神社、下鴨神社で、
行われています。


そんなお客さんの来訪とは逆に、
京都から出かけて行く人もいます。

学生の皆さんも、
帰省します。

京都に住んでいる人は、
京都とは別の場所に、
遊びに行ったりします。


私も、連休で、
京都から新幹線で出かけることにしました。

新幹線乗り場も、混雑しています。

海外からの観光客の皆さんが、
また別の場所へ移動する場合も、
あるようです。


私は、京都から出かけるときに、
京都駅で、駅弁を買ったりします。

買ったのは、ばらずし、です。


せっかくだから、
出かけた先の御飯を、
食べれば良さそうなものですが。

例えば、連休中の東京駅などは、
大混雑で、御飯を食べている、
余裕はありません。


また、このばらずしは、
京丹後のお店のものなので、
京都市住まいの身からすると、
出かけた先の駅弁、
という趣がないわけではありません。

ちなみに、ばらずしは、
鯖を甘辛くに煮て、
おぼろにしたものを、
はさんである、おすしです。


そんなわけで、
ばらずしをかかえて、
新幹線に乗り、
富士山を眺めて、
東へと向かいました。




報告:長沼光彦





  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:23Comments(0)日記京都

2017年05月02日

大学は明日からゴールデンウィークです


世間は、29日からゴールデンウィーク、
だと思いますが、
大学は、明日3日から、連休です。

1、2日は、授業でした。



というのも、
15回授業をきちんとしましょう、
ということになっているからです。

カレンダーとにらめっこをして、
15回分の授業を確保するというのは、
実はなかなか難しいのです。

月曜日は、休日になりやすいので、
お休みにするのは、
特に難しい曜日です。



とはいえ、
本学の学生の皆さんは、
真面目なので、
この月曜日と火曜日も、
出席してきました。
えらいですね。

休みにしたら、いいのに、
という提案(ぼやき?)は、
耳にしましたが。

(授業の様子は、
また別の機会に。)


本日の夕方から、
帰省するという学生も、
いました。


京都では、
この連休から、
(正しくは、5月のはじめから)
上賀茂神社、下鴨神社で、
葵祭の儀式が始まります。

こちらも、楽しみですね。

報告:長沼光彦


  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 23:20Comments(0)日記京都

2017年04月29日

葉桜の下のチューリップ 花のある大学49


キャンパスの桜は、
すっかり葉桜となりました。



代わりというわけではありませんが、
茶室の前の、葉桜の下には、
チューリップの鉢が並んでいます。



見上げると、花が咲いている、
立木もありました。




キャンパスでは、
四季それぞれの、
花や緑を楽しむことができます。



報告:長沼光彦

  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 22:40Comments(0)日記新館・校舎紹介

2017年04月28日

京都百人一首 かるた会が開かれました

人間文化学科の堀勝博教授のゼミで制作された「京都百人一首」については、
このブログでも紹介されてきましたが

http://notredameningen.kyo2.jp/e444544.html

2017年4月27日、
この「京都百人一首」かるた会が人間文化学科の有志によって開かれました。

今回は、2チームに分かれてのかるた会です。



途中、堀教授もお越しくださり、ちょっとしたご指導あり。


京都の地名などが詠みこまれた名歌にふれる、
和やかで楽しいひと時となりました。






なお、6月には、この「京都百人一首」も紹介される公開講座が開かれます。

【公開講座】----------

「百人一首 かるたに恋して」

第1部 「京都百人一首歌かるた」で巡る京都の名所
   (堀 勝博 人間文化学科教授)

第2部 元・クイーンが語る競技かるたの魅力
   (荒川裕理 第47・48期クイーン 京都小倉かるた会所属)

会 場 京都ノートルダム女子大学
日 時 6月10日(土)14:00~16:00
予 約 不要
入場料 無料

---------------

「競技かるたのクイーンもいらっしゃる!」
「歌を通して、京都をもっと知ることができるかな」などと
今回のメンバーも、皆、とても楽しみにしているようです。


報告:平野美保
  


Posted by 京都ノートルダム女子大学      人間文化学科  at 17:00Comments(0)日記学生の活動報告学生の作品日本語日本文化領域